「司法試験」ぼちぼちでんな日記

2004年 09月 03日 ( 3 )

2004.9.3 その2

「羊」

眠れない夜は、羊です。
羊を数えて、睡魔を待ちます。

「ひつじが1匹、ひつじが2匹・・・」

羊にも個性があるはずなので、
みんな少しずつ姿形が違います。
そこで、たまには「毛」のない羊が登場します。

「毛のないひつじが1匹、毛のないひつじが2匹・・・」

羊も美声で鳴くんです。
よ~ろれりひ~♪

「毛のないひつじが1匹 メェ~、毛のないひつじが2匹 メェ~メェ~・・・」

群れになって行動するところもそっくりです。

「メェ~、、メェ~メェ~、メェ~メェ~メェ~・・・」

眠れぬ夜が続きます。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-03 22:27 | 徒然

2004.9.3

「ファインダー」

がつきました。
(画面右上にあります)
これで、記事検索も楽チンです。

よっしゃ!(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-03 16:50 | 徒然

2004.9.2

「オランダ刑事司法~翻訳への道~第3回」

the Supreme Court's rulings on inadmissible evidence have increasingly stressed the importance of public prosecutors in ascertaining, as early as possble, what methods should be employed in the investigation.
(「The Dutch criminal justice system」 28ページ)

対訳

許容されない証拠に関する最高裁判所の諸々の判決は、検察官がどのような捜査方法を採用すべきかについて、すみやかに確認することの重要性を、次第に強調するようになっている。
(「オランダ刑事司法入門」 28ページ)

オランダでは、
違法収集証拠の排除基準はどうなっているのだろうか?

違法収集証拠の排除が、
違法捜査の抑止に一定の効果を発揮しているというのであれば、
その排除基準が気になる。

この点、残念ながらテキストには載っていないようだ。
参考資料をあたってみようかなと思う。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-03 00:51 | オランダ