「司法試験」ぼちぼちでんな日記

カテゴリ:セキュアド( 14 )

2005.6.13 その2

「知らぬ間に・・・」

先日友人Mから聞いた衝撃的な話です。
最近何かと話題のP2Pですが、
これの使用にあたって、
プロバイダがユーザーの知らないところで勝手に規制をしているとのことなんです!

規制の方法は、
「回線の速度を絞る」というものらしいです。

たとえば、ユーザーがP2Pにアクセスしようとした場合、
プロバイダがそれを監視しており、
監視に引っかかったユーザーに対して、
仮に普通のインターネットの使用時なら10Mbpsの回線速度が出ているという場合でも
P2Pでファイルをダウンロードしている場合には1Mbpsに速度を低下させる、
といったものらしいです。

プロバイダ側で回線の速度の調整をできることは知っていましたが、
こんなに手軽に回線速度の絞りをかけれるとはしりませんでした。
衝撃です・・・・・・。

もっとも、P2Pは「違法コピーの温床だ」とも言われるように、
その本来の趣旨から外れた使用がなされている現状もあるかと思います。

しかし、ここで問題とされるべきは、
プロバイダがユーザーの知らないところで、
ユーザーのネットの使用について勝手に「監視」し、
しかもユーザーの「許諾」を得ずに回線の速度調整を行い、
ユーザーのネット使用に多大な「規制」をかけている点にあります。

サイバースペース上での知的財産権が問題になっていますが、
なにもこれを規制するのに法律をもってしなければいけないわけではなく、
プロバイダによる「物理的」な規制をもってしても可能なわけです。

私が、恐怖さえ感じるのは、
知らず知らずのうちに、このような見えない「監視と規制」が
私たちの周囲に蔓延してしまうことです。

なお、各プロバイダによって規制の程度は違うとのことです。
友人Mの話では、「ぷ○ら」がゆるいとか。

これらの話が、まことしやかな「悪い冗談」であることを祈りたいと思います。(完)
[PR]

2005.6.2その2

「TVのネット配信でルール作り」

TV番組のネット配信促進へ、官民で「著作権ルール」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050602-00000106-yom-bus_all(yahooニュースより)

最近、遅ればせながら「コモンズ ローレンス・レッシグ著」読んでます。
ネットワークの基礎を知るために、「CCNA教科書」見てます。
デジタルライツの行方やいかに?!(完)
[PR]

2005.5.26

「ネット配信、米摘発 スター・ウォーズ 海賊版コピー」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00000029-san-int(yahooニュースより)

記事によると、
エピソード3の違法コピーは、公開前の二十四時間以内に一万回以上行われていた。
そうだ。

劇場公開前にネットへ流出 スター・ウォーズで米摘発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00000062-kyodo-int(yahooニュースより)
こちらの記事には、違法にダウンロードして摘発されたサイト名が載っている。
「エリート・トーレンツ」というサイトらしい。
さらに、
同サイトは、映画など大容量のファイルを従来より短時間で送信できる「ビットトーレント」と呼ばれるファイル共有技術を利用した。
そうだ。

ビットトーレント???
知らない言葉は、e-wordsで調べよう!
・・・・・・、が、まだ載っていないようです。
googleで検索するもヒットせず。
うーーーん、なんなんでしょう?

デジタル著作物保護は、
最近、ちょこっと興味を持っている情報知的財産権で、
まさに今私が関心を持っている旬な話題だったのでblogってみました。(完)
[PR]

2005.5.23 その2

「スパイウェア」

さっき、スパイウェアの対策ソフトをインストールしました。
参考にしたページはこちら。
初心者のための「お金をかけないウイルス対策!」
http://deko-aya.hp.infoseek.co.jp/index.html

で、今回インストールしたのは、このページ中に紹介されている
「SPYBOT」 というフリーのソフトです。

見知らぬソフトをインストールして、
それが元でPCがダメージを負ってしまう可能性も捨て切れませんが、
使ってみたい!という衝動も捨てがたいです。

使い心地ですが、
結論から言ってしまえば、
インストールして、スキャンをかけたら3つのスパイウェアを発見してくれました。

おおおおおお!!!!!!!!

超ビッグな衝撃です~。

とはいえ、このスパイウェアにどれほどの脅威を与えられていたか
スパイウェアが見つかった今も、私がまったく理解できていないことこそ、
実際には一番の問題なのかもしれないです。。

せっかくなので、見つかったスパイウェアを紹介します。
1.firstclick.inc
2.(忘れました・・・)
3.doubleclick.inc

むむむ・・・・・、まったく未知の世界です。。。
ネットで検索してみると、どこかの会社の名前のようでした。

ただ、ちょっと安心してもいいかな、と思うところがあって、
これらのスパイウェアはIE(インターネットエクスプローラー)から見つかったようなので、
FIREFOXを使用している私はダメージはないのではないか?!
って思ったりしてます。

ふぉふぉふぉ(笑い)
長くなりますが、ここからが本日一番の衝撃を受けた話になります。
スキャンにかかってきたdoubleclick.incですが、
情報知的財産権(牧野和夫著 日本経済新聞社)」の15ページに
「クッキー」ソフトを使用して、顧客の個人情報を収集していたダブルクリック社が消費者から集団訴訟を提起され、さらに米10州の司法当局から調査を開始されました

という記述を見つけたんです。

なんですとぽおおおお!

この本に出てきたダブルクリック社と、
私のPCで見つかったdoubleclick.incが同じ会社かどうかは不明です。
でも、もしそうだったら・・・・・・、と考えると、
気分のいいものではないですね。

ネットセキュリティについて、
もっとお勉強が必要だと思いました。(完)
[PR]

2005.5.21

「違法コピー」

権利者の使用許諾条件に違反してソフトウェアを複製、もしくはコンピュータに導入(インストール)すること。
(e-wordsより)

参考:「違法コピー~e-wordsより」
http://e-words.jp/w/E98195E6B395E382B3E38394E383BC.html

e-wordsの説明文中注目すべきは、

業界団体などの調査によれば、現在流通しているソフトウェアの3分の1程度が違法コピーであると推計されており・・・(以下省略)

という部分です。

え!!!?3分の1が違法コピーだって???
信じられない、ありえない・・・・・・。
これに対し、
BSA(Business Software Alliance)や
ACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会)などの
業界団体が啓蒙活動を続けている
んだそうです。

知的財産についてのお勉強をする必要性を感じます。(完)
[PR]

2005.5.2 その3

「近況2」

2.ブラウザ
firefoxを使用することにする。
IEから乗り換えている人多数との情報より。
IEよりずっとセキュリティよいためとのこと。

現在、firefoxのブラウザからexciteにアクセスしているが、
IE使用時とまったく変わらず違和感なし。
これとても大事!

ユーザーの獲得について、
乗り換え時にユーザーに違和感をもたせないことが
スムーズな乗り換えの必須と心得る。

IEも併用できるため、
万が一firefoxで開けないようなページがあった場合のみ(今のところまったく問題なし!)
IEの使用を。

3.スパイウェア
未インストール。
フリーソフトを使うことだけは決定事項。
めぼしをつけているソフトをじきにインストール予定。(完)

参考:firefoxのHP
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
[PR]

2005.5.2 その2

「近況」

1.セキュリティソフト
何を使おうかいろいろ思案するもどのソフトも決め手にかける。
価格と、対象とするウイルスの総数、ウイルス定義の更新頻度は比例するとの情報。
ウイルスバスターは、この間トラブルがあったばかりなので却下。
マカフィーは、最近あまりいい評判を聞かない(私だけか?)。
ノートンは、「インストール後PCが重くなった」という声多数。
そこで、ソースネクストを検討。
値段も安いし、評判もいい。
なるほど!高いソフトが必ずしも使い勝手がよいわけではないのか!!
と納得。

ネットでセキュリティについてちょっとお勉強。
フリーソフトを使う手もあるということを知る。
でも、セキュリティ素人の私にはちょっと心配なことが。
サポートがないこと。

とはいうものの、結局はフリーのセキュリティソフトを使用することにした。
値段と軽さ。
ソフト入れて、何かトラぶったときは、
ソフトのアンストールすりゃ何とかなるだろうと楽観思考。

ただ、ウイルス定義更新頻度と対象とするウイルスの総数の件について、
やっぱりちょっと心配。
でも、ウイルスソフトを何も使わないよりかはフリーでも使ったほうがよいだろうと、
これまた楽観思考。

100パーセントのセキュリティなんてありえない以上、
結局は自己満足でいいんじゃない?!という結論。
私はフリーで十分!
これが、重要と思います。(完)

私が使ったフリーのセキュリティソフト「AVG」
AVGのHP:http://free.grisoft.com/freeweb.php/lng/us/doc/2/tpl/v5

このページを参考にしました:初心者のための「お金をかけないウイルス対策!」
http://deko-aya.hp.infoseek.co.jp/index.html
[PR]

2005.3.1

「yahoo!インターネット検定」

を受けてみました。
3/31日までは、通常500円かかる受験料が無料になっていたからです。

で、じゃーーーん!合格しました!

何点取れば、合格できるのかよくわからないんですが、
結果オーライということで。
しかも、オンライン認定証ももらっちゃって。

ふぉふぉふぉふぉふぉ~

30問を20分で解きます。
ネットで受験するので楽です。
すぐ終わるので、息抜きに良いかもしれませんね。(完)

注:) 同一期間内で2回以上の受験は不可とのことです。

詳細はこちらから
http://cert.yahoo.co.jp/
[PR]

2005.1.7

「個人情報入りパソコン盗難 札幌市保健所、2万9千件」

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050107&j=0022&k=200501073105(北海道新聞より)

記事によると、
「盗まれたパソコンは2台で、そのうち1台に2003年3月から04年12月までに受け付けた出生、死亡、婚姻、離婚の個人情報が入っていた。それぞれに氏名、性別、生年月日、住所などが記録されていた。」
そうだ。

また、テレビでやっていたニュースによると、
パソコンを金庫に入れていなかったそうである。
大事なものは金庫へ、ということだろうか。。。

http://www.htb.co.jp/news/(2005/01/07(金) 23:24)

情報を記録した媒体を金庫へ、という話は聞くが、
パソコンそれ自身を金庫に入れるという発想が古くて新しい。(完)
[PR]

2004.12.19

「google desktop search (β版)」

デスクトップサーチとは、
「Webブラウザを通じてコンピュータに保存された様々な種類のファイルを全文検索するソフトウェア(以下省略)」(e-wordsより)

全文閲覧は以下参照願います (e-words)
http://e-words.jp/w/E38387E382B9E382AFE38388E38383E38397E6A49CE7B4A2.html

整理整頓が苦手な私にとって、
このようなソフトはとてもうれしいです!

まだまだ、改善の余地があるようで、
課題も多いようですが、ますますのパワーアップ心からお待ちしています。

downloadはこちらから
http://desktop.google.com/?promo=app-gds-en-us

「企業内でGoogle Desktop Searchを使わないように」:ガートナーが警告 (cnet japan)
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20079710,00.htm

いいこと尽くしではないようなので、
注意も必要みたいです。(完)

※追記
もう2ヶ月も前から公開されていたみたいです。
「いつのまに?!」といったところです。
[PR]