「司法試験」ぼちぼちでんな日記

<   2004年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧

2004.9.22 その2

「真夏日」

こちらは、寒くて震えてます。

9月22日(水)仏滅 14:32現在 気温:14.8℃
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

雨が体感温度をさらに下げています。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-22 14:34 | 徒然

2004.9.22

「無料都心循環バス」

昨日、街を走る見慣れないバスを目撃したと思ったら、
これだったのか。

「札幌市役所HPより」
http://www.city.sapporo.jp/Sogokotsu/toshin/
h16experiment/bus/bus.html


歩いて回るにはちょっと広すぎるので、
無料バスが走ってくれれば助かる。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-22 14:05 | 徒然

2004.9.21

「恵庭OL殺人事件~第2回」

無念。。。
残念。。。

私が裁判所についたときにはすでに席がいっぱいで、
傍聴をすることができませんでした。

「来月は抽選会に間に合う時間にくるように」との
事務員さんの丁寧なご説明をいただきました。

満たされない思いが、
さらに思いを募らせます。

来月こそは!(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-21 17:15 | 徒然

2004.9.20

「恵庭OL殺人事件」

本日、恵庭冤罪事件被害者支援の集会が開かれたようです。
第2部で渡部保夫先生が講演されています。

恵庭冤罪事件被害者支援のHPはこちらを。
http://www4.ocn.ne.jp/~sien/

事件の詳細については、
こちらを。
「Brain news networks」
http://www.bnn-s.com/bnns/series/seriesList.jsp?series_cd=13

明日、札幌高裁で第6回公判が開かれるそうです。
今日中に、何とか事件の概要と今までの公判の流れなどを確認して、
明日ぜひ傍聴いってきたいです!!!
なにとぞ、傍聴できますように(完)

※おかげさまで、100回目の投稿になります。
 「司法試験」ぼちぼちでんな日記をお読みいただいている皆様に感謝いたします。
[PR]
by mondening | 2004-09-20 21:47 | 徒然

2004.9.19

O・ヘンリ短編集(一)」

目次より

景観と賛美歌
赤い酋長の身代金
振子
緑の扉
アラカルトの春
運命の衝撃
ハーグレブズの一人二役
善女のパン
ラッパのひびき
よみがえった改心
自動車を待つ間
多忙な仲買人のロマンス
黄金の神と恋の射手
桃源郷の短期滞在客
馭者台から
水車のある協会

「よみがえった改心」が面白かった。

簡単に要約すると、

腕のいい金庫破りのジミー・バレンタイン。
ある女性との出会いを機会に心を入れ替え、
まっとうな人生を歩むことを決意する。

そんな或る日、
銀行の最新型の金庫に少女が閉じ込められてしまった。
助けがくるのを待っていては、女の子は助からない。

彼女を救うことができるのは、
ジミーだけである。

しかし、そこにはジミーを捕まえるために追ってきた刑事ベン・ブライスの姿が。
そのことを知らないジミー。

女の子を助けるために、彼は再び金庫を破るのか?
そして彼は、ベンに捕まえられてしまうのか?

金庫破りジミー・バレンタインと彼を追う刑事ベン・ブライス。
なんとなく、ルパンと銭形を思い出した。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-19 21:15 | 書籍

2004.9.18 その2

「オランダ刑事司法~翻訳への道~第8回」

For criminal court decisions, see also www.rechtspraak.nl.
(「The Dutch criminal justice system」 63ページ)

「.nl」というところがかっこいい。(完)

http://www.rechtspraak.nl/
[PR]
by mondening | 2004-09-18 11:42 | オランダ

2004.9.18

「血液型占い」

先日、友人Nからきいた話である。

「A型とB型はうまくいかないらしい」

私は、この類の占いはあまり気にしたことがないが、
友人Nの話はかなり説得力を持っていた。
それは、次の2つの理由による。

1.私はB型
2.「A型から見たB型の印象である」というからだ。

B型の私は「A型からみたB型の印象」というものを感じることができない。
そこで、友人Nが話す血液型の統計学的見地(?!)からの話は、
占いをほとんど気にすることのない私にも興味深かった。

友人Nの話は続く。

「O型は、誰とでもうまくいく」

これは、因子の型が関係しているらしい。

日本人の約4割の人がA型である以上、
A型の人と仲良くできるに越したことはない。
※参考(日本人の血液型分布について

そこで、明日から私は「自称O型の男」になろうと思う!

ちなみに、
私に数々の示唆を与えてくれた友人Nの血液型を私は知らない。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-18 11:13 | 徒然

2004.9.17

「オランダ刑事司法~翻訳への道~第7回」

<公判段階>

Cross-examination, however, is unknown under Dutch law.
(「The Dutch criminal justice system」 61ページ)

対訳

交互尋問(反対尋問)は行われていない。
(「オランダ刑事司法入門」 91ページ)

反対尋問が行われていない状況は、
次のような事情に関連するものと思われる。

1 終局判決の基礎となっている多くの証拠は、
  公判が開始される時点で、すでに種々の調書として記録されており、
  これらは、公判前に、裁判官や検察官には周知の一件記録にファイルされている。

  また、これらの記録のコピーは、被告人と弁護人に利用可能なものとされている。

2 公判における裁判官、検察官、被告人と弁護人の関心は、
  訴訟記録の中の各調書の内容が中心となっている。

そして、注目すべきは、

3 予審判事、弁護人および保護観察員との間の緊密な協力関係でもって、
  被告人に社会的援助を与えることができるなど、予審段階が、
  ある程度信頼に値するものであるという一般的な確信があること。
                               (「オランダ刑事司法入門」 92ページ)

オランダ社会に根付いている「信頼関係」が
対立ではない協働をもたらしているのだろうか。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-18 00:17 | オランダ

2004.9.16

スパイダーマン2

昨日は、メンズデーなので例のごとくいつもの映画館へいってきた。

「スパイダーマン」といえば、
ニューヨークを舞台に全米を席巻するアメリカンヒーローであるが、
「蜘蛛男」と翻訳してしまうと、
「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪になりさがってしまう。

水木ワールドの怪である。

また、彼女の活躍も見逃せない。
猫娘

日本では妖怪と疎まれても、
米国に行けばヒーローとして崇められる。
えらい出世ではないか!
アメリカンドリームにあこがれる気持ちわからなくもない。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-16 23:45 | 徒然

2004.9.15

「傘2」

先日の話である。

友人宅で借りた「黒いビニール傘」をなくしてしまった。
黒いビニール傘なんてどこに売っているの?
どこを探しても見つからない。
そこで、少ない脳みそを振り絞って考えた。

レベル「パンパース」の脳が出した答えとは?

その答えとは、白い傘を購入することであった。
白い傘をどう使うのか?

後日、友人宅での会話より。

私 :「おす!この間、雨の日に借りた傘な。あれな、さしたら、色落ちしてしもたわ。
    ごめんな。悪気があったんやないんやで。」

友人T :「ええって、ええって。気にせんとき。あれな、汚れてたんよ。
      雨降って、きれいにしてもろて助かったわ。」

持つべきものは、友達である。(完)
[PR]
by mondening | 2004-09-16 00:23 | 徒然