「司法試験」ぼちぼちでんな日記

<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2004.11.30

「司法試験合格への道~ビバ!27~」

タイトルに「司法試験」という名前がはいっているのに
なんちゃそれらしい話題が出てこない。
こりゃイカン!と自分でも思うので
今日は久しぶりにこの話題で。

気がつけば、司法試験ネタを書くのは
ほぼ一ヶ月ぶりです。
ご無沙汰しております。

弁解のつもりですが、
「この間勉強していないから特に書くことがない」
といったわけではなく、
細々とですが日々ぼちぼちと何とか続いています。
ご報告までに。

さて、今年も残すところ一ヶ月となりました。
ようやくといっていいのか、とうとうと言えばよいのか迷うところです。

もう一年、早一年。
来年を迎える前に、ここで一つ方向性を再確認しておこうかと。

明日からは、一ヶ月を10日ずつ3クールに分け、
それぞれに達成目標を掲げていきたいと思います。

年始からは、ほぼ各週で論文模試があります。
択一模試も月一ペースでと考えてます。
択一模試は毎回3時間30分という莫大な時間を拘束されるうえに、
試験後の疲労感が尋常じゃないので
月一回も受けてれば十分じゃない~?
ってなところです。
模試の成績によっては、予定変更も視野に入れつつ、
当面の間はこんな具合で。

私的には来年が最後の司法試験のつもりです。
とはいうものの、択一に合格したら考え直しますが(笑い)

なんにせよ、択一必勝体制で年末を迎えるつもりです。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-30 23:52 | 司法試験

2004.11.28

MSN

うちのPCのトップページは、yahooです。
IE起動すると見慣れたyahooのページが出てきます。

しかし昨日、小さな浮気をしてしまいました。
トップページをMSNに設定を変更したのです。
くる日もくる日もIEを開けばyahooばかりで新鮮さが薄れてきたので、
刺激を求めてしまいました。

この試みは成功しました。
いや、このMSNが面白いのなんのって、
すっかりネットサーフィンはまりまくりまくりすてぃです。

たとえば、
「世界のMSN」っていうコンテンツがあるんですが、
およそ40カ国ぐらいのMSNバージョンがあるんです。

で、その中のいくつかを転々とサーフィンしたんです。
私が気になるnetherlandバージョンも、もちろんありました。
でも、言葉はさっぱりわかりません。
なので、雰囲気だけ楽しみました。
気持ちさえあれば分かり合えると思っていたのですが、
言葉の壁は厚かったです。。。

非常に興味深かったのは、united statesバージョンえす。
ご察しのとおり、オランダ語よりは幾分なじみがある英語でかかれています。
united statesバージョンのどこに興味を感じたかというと

1.Ancestor search (ご先祖様を探せ)
2.Best way to find a lawyer (うまい方法で弁護士さん探そ)

というコンテンツが、威風堂々とトップページに乗っているではありませんか!!!
文化の違いというか、ライフスタイルの違いというか。
えらく感動しましたよ。

Ancestor searchですが、
ファーストネームとラストネームで検索をかけると
一致するご先祖様が検出結果に出てくるといった具合です。
ちなみに、私は「George bush」で検索したところ
尋常じゃない数字が出てきました。

ご先祖様を探せビジネス。
日本でもいけるんじゃないですか?

Best way to find a lawyerですが、
弁護士さんの専門分野によって
検索内容が細かく分類されています。

余談ですが、
アメリカでは離婚訴訟でも奥さん側専門の弁護士さんとか
旦那さん側専門の弁護士さん、というのがいると以前聞いたことがあります。

勝負どころを絞って勝てるところで勝つ!
という発想方法は、
「スラムダンク」の話中、
山王工業戦で、ミキオに花道をぶつけて勝負した安西監督の戦術と同じです。
私も真似をさせてください。

さて、話を戻しまして
このサーチには、そこまで細かく分類はされていなかったのですが、
分類項目の中で笑っちゃったのがありましたので紹介します。

Dog bites (犬が噛んだ)

まさか、犬に噛まれたときに頼む弁護士さんを探すための選択肢が
用意されていようとは。。。
犬に噛まれた当事者にとっては笑い事じゃあないと思いますが、
実際、笑っちゃいました。申し訳ないです。

言葉の壁をこれでもか!これでもか!!と感じたネットサーフィンでしたが、
いい経験になりました。
ちょっとした、旅行をした気分になりましたので(笑い)

今は、MSN各バージョンの買い物サイトが気になっています。
また、サーフィンの予感です。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-28 19:08 | 徒然

2004.11.25

「ハウルの動く城」

こんばんは。
昨日、ハウル見てきました。
キャットウーマンが最終日だったので、
どちらを見ようかやや迷いました。

感想です。
「ん?」

こんなところかと。。。

音楽は、非常によかったです。
帰り道、鼻歌歌いまくりまくりすてぃでしたから。

内容には触れませんが、
私は特にこれといってインパクトを感じませんでした。

さて、重要なお知らせです。

かかしのカブ、といえばご覧になった人はわかるかと思います。
まだ見ていない人は見てください。
なんと、かかしのカブ役の声優さんが、「大泉洋」って。

あの大泉洋なのでしょうか?
それとも私の見間違い??
いいえ、確かにエンディングロールには大泉洋の名前が。。。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-25 17:24 | 徒然

2004.11.23

「BB PARK」

http://www.softbankbb.co.jp/bbpark/

「BBパークへようこそ。
もっとインターネットを快適に身近にご利用いただくために…
ハイスペックPCで高速インターネットを手軽に使えるオープンインターネットスペース、
それがBBパークです。」(BB PARK HPより)

昨日、初めて利用してきました。
うちのPCよりもずっとスペックのよいものを使っているようで、
非常に快適でした。
これはいいです。

ドリンクサービスとか始まれば、
もっといいです。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-23 22:49 | 徒然

2004.11.22 その3

「ドメインキー 」

電子メールの送信元を認証する技術。
送信元を偽装したスパムメールやフィッシング詐欺を防ぐことができる。
Yahoo!社やSendmail社などが支持・推進している。~以下略~(IT用語辞典より)

詳細については、以下を参照ください
http://e-words.jp/w/DomainKeys.html(IT用語辞典)

減ってほしいものは、
体脂肪とスパムメール。(完)
[PR]

2004.11.22 その2

「ラストクリスマス」

ラストクリスマスギブゆーまいはーと~♪

今日は、桜井幸子さんがたくさん登場したので大満足です。
話の内容はよく覚えていません。

セツナイ???
いえいえ、桜井幸子さんをたくさん見れたので十分満足です(笑い)
もうそれだけで胸がいっぱいで。

スマスマにチェ・ジウ???
いやいや、桜井幸子さんたっぷり見れたので大満足です(笑い)

~本日の放送分より~

来週の放送分にもたくさんの桜井幸子さんをお願いします。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-22 22:36 | 徒然

2004.11.22

「冒頭陳述書から」~恵庭OL殺人事件~

今、検察側の冒頭陳述と弁護側の冒頭陳述を読み終えたところです。
すでに、第一審判決を読みましたが、
もっと詳しく事実経過を知りたいと思って資料を集めています。
タイムテーブルとか作ったりして、
弁護側の主張と検察側の主張、それから判決で認められた事実について、
「どこかに矛盾がないか見つけてやろう!」と、
結構気合はいってます。
これから、論告求刑要旨と最終弁論要旨にとりかかります。

最初に検察側冒頭陳述を読みました。
とても説得的で、これだけを読んだなら「黒の印象」を受けると思います。
次に弁護側の冒頭陳述を読みました。
これまた説得的で、
検察側の主張がでたらめのように思えました。

事実を明らかにすると言うのは本当に難しい事だと思いました。
見る側によって、こんなにも見方に違いが出るものなのでしょうか?
正反対なのですよ、検察側の主張と弁護側の主張が。
同じ事件を扱っているにもかかわらず。

上記のことより私は2つのことを感じました。
1.裁判官の苦悩
2.証拠開示について

1.について
事実を認定するって難しいです。
いつもみたいに「まあええやん、なんとかなるやろ」ですまされません。
自分の判断で、人の人生を変えてしまうことになる間違いを犯すことがあるって
大きな苦悩になるとおもました。

2.について
部分開示か全面開示かとの議論がありますが、
一傍聴人の見解としては、全面開示に賛成です。
「事実が明らかになってほしい」、
という感情は傍聴人の私も感じたところです。
当事者の方々の心中はなおのことと思います。

証拠開示における従来の学説の対立を読み直しましたが、
ここに被害者の司法参加という観点を考慮するならば、
全面証拠開示を支持する学説にこの観点からの主張があってもいいように思うし、
また、それがもっと勢いを持ってもいいようにも思います。

一傍聴人の見解としては、
「本当のことが知りたい。何があったのかが知りたい。」
であるならば、
部分開示よりもより多くの事実が明らかになる全面開示しかない!
といったものです。

法律家がしている議論の是非が
犯罪の当事者(傍聴人も含め)の感情を満たせるかどうかは関係ないのでしょうか?
真実に近づくための努力は、
正しい認定を行うためだけではなく、
被害者感情を満たす、というとても大切な役割も持っているはずです。
ふとそんなことを感じました。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-22 10:50 | 徒然

2004.11.19 その3

「今日のえっ!? その2」

2.無洗米。

うちの米は無洗米です。
冬は、水が冷たいので重宝します。

今朝、玄関のカギを閉め忘れました。
家に帰ってきて笑ってしまいました。

「あれ?無洗米へってる?まさか?でも・・・。」

米袋、昨日はもっと重かった気がするのですが。。。
一応念のためあちこち調べましたが異常なし。
まさか無洗米だけちょこっともって帰る人なんていないですよねえ~。
明日も、カギをかけずに出かけて検証してやろうか。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-20 00:28 | 徒然

2004.11.19 その2

「今日のえっ!?」

1.地下鉄改札にて切符がとおらない。

ゲートが開かない。
駅員さんに止められる。

駅員さん「ちょっとちょっと、切符ちゃんと値段分買ってるの?」

私「ええ。○○駅から△△駅までですから240円ですよね。」

駅員さん「うん。値段はあってる。じゃあ、携帯電話といっしょにしてなかった?」

私「はい、携帯電話といっしょにポケットにしまっていました。」

駅員さん「それだよ!切符の磁気がおかしくなっちゃったんだろうね。」

おお!初です!!!
携帯電話の悪影響、身をもって体験しました。
貴重な体験です。
地下鉄では、電源OFF!(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-20 00:24 | 徒然

2004.11.19

「恵庭OL殺人事件 ~公判傍聴より~2」

今回は、予定を変更しまして公判内容についてです。
第8回公判では、次の2点が重要だったのではないかと思われます。

1.元恋人A君の存在について
2.灯油を捨てた理由、改めて買いなおした理由

1。について

原判決は、
「被告人が結婚まで意識したYを奪われたとして被害者に悪感情を抱いたことを
合理的に推認できるのであって、これが殺害に発展すると言うことは十分にあり得る」
と結論づけました。

これに対し、第8回公判では上記殺害動機を真っ向から否定する証拠が提出されました。
それが、元恋人A君です。

第8回公判で、被告人は
「自分の中にA君に常に頼る気持ちがある。
何も言わなくても自分のことをわかってくれる。
A君の存在が大きい。
A君とよりを戻したい。」と証言しました。

上記証言は、第8回公判にてはじめてなされたものであり、
第一審では一切触れられていないとの伊藤弁護人の発言がありました。

そして、こんなに大切な証言を第一審で行わなかった理由として、
被告人は
「1.公判で(A君の)名前を出すと彼の人生に迷惑をかけるから。
 2.原審では、『B君と何が何でも結婚したい女』とされたが、この原審の認定が間違っているので正しい認定をしてもらいたかった」
と証言しています。

上記被告人の証言に基づくのなら、
原審が認定した殺害動機に疑問の余地が生じます。
すなわち、当時被告人の心の中ではA君への思いが募っており、
B君と何が何でも結婚したいという原審の事実認定とは相容れないことになります。
控訴審判決にこの証言がどのように影響を及ぼすか興味深いです。

2.について

灯油を捨てた理由について、
シンドウ弁護人の被告人質問が終了した後、
引き続き灯油を購入しなおした理由についての質問をしようとした場面で、
裁判長直々に被告人に質問するといったことがありました。

「弁護人にはなんですが・・・。」といったような前置きがあった気がしますが
そのすぐ直後に「ここが大事なところですよ」との発言がありました。
これをうけて、それまで淡々と傍聴していた皆さんに緊張感がはしりました。
みな座席より身を乗り出し、一挙手一投足に注意を凝らしています。

原審では、被告人の
「職場のドライバーから,『警察がお前の写真を持ってガソリンスタンドの聞き込みをしている。お前が犯人だったんだな』などと言われ,灯油を持っているのが怖くなり,これを千歳市から早来町に向かう途中の市営牧場の手前道路脇に投棄したが,これが存在しないと怪しまれると思い直し,札幌市と千歳市の間の国道36号線沿いにあるセイコーマートで赤色ポリタンク入りの灯油10リットルを購入し(た)」旨弁解を
被告人の供述の変遷・矛盾および客観的な状況との矛盾から
「到底信用できない」と結論づけています。

これに対し、灯油を捨てた理由に対する弁護人の被告人質問が
原審の理由をなぞるものに終始していたと思われたため、
「それだけでいいですか?ここが大事なところですよ」といった
発言があったのだろうと思われます。

これをうけて、再度灯油を捨てた理由に対して弁護人からの質問が行われましたが
目新しいことはなかったように思われました。

そこで裁判長が首をかしげていたのが印象的でした。
たまりかねたのか裁判長自ら被告人に
「一点だけ質問します。初めて、灯油を捨てた事実を誰かに(弁護人に?)告げたのは
いつのことですか?」

被告人「8月か9月くらいです」
(この8月か9月という時期は、逮捕されてからすでに2-3ヶ月たっているとのことです。)

裁判長「なぜ、そんなに告白するまでに時間がかかったのですか?」

被告人「1.自分は他人に壁をつくってしまう性格である。
     2.。本当のことを言うと弁護人が自分から離れてしまうと思い怖かった。」
といった趣旨の発言がなされました。

その後再度、伊藤弁護士から
「私に涙ながらに話してくれましたね。・・・・・・・・」
という発言からはじまる質問が再度おこわれましたが、

「涙ながらに????なぜ、涙ながらなんだ???」
との疑問がいっぱいに広がり、後の質問はよく覚えていません。

灯油についての質問が終了した後の後味の悪さは、
A君への証言が殺害動機に有力な反証となってたんじゃないか?!という高揚感に比べ
ひどく対照的なものでした。

次回は、11/30日に検察側からの被告人質問の予定だそうです。
殺害動機に対する今回の証言になにかの対策が練られるのでしょうか???
非常に気になるところです。(完)
[PR]
by mondening | 2004-11-19 11:56 | 徒然